バリスタの資格を目指すならSchoolへGo~食のプロになり隊~

コーヒー

本格的にノウハウを学ぶ

コーヒー

コーヒーなどの知識が深く、カフェやレストラン、バールなどで接客する「バリスタ」は、今や世界でも知名度が高い仕事となっています。近年、専門的に学べる学校が登場し、人気となっています。

生活に身近な食べ物

教育

パン職人を目指すために専門学校に通う人は多く、卒業後はパン屋やカフェ、レストランに就職することができます。技術だけでなく深い知識も必要となるパン職人は、国内でも人気の高い職業として知られています。

腕一本で勝負する世界へ

コーヒー

飲食に関する職業を選択する人は多く、カフェやレストランで働きたいと考える人や、パン屋やパティシエなどのより細かく分かれた専門的な分野に進みたいと考える人もいます。全国に調理学校や製菓学校が存在しており、学部も幅広く設置し、多くの学生を受け入れています。高校を卒業したばかりの人もいれば、社会人になってから本格的にその道に進もうと知識と技術を学びに来る人もいます。海外の製菓学校へ留学をサポートする会社も登場していますし、インターンを率先して手助けしてくれる場所も増えています。自分の腕一つで勝負する飲食の世界に飛び込む若者は数を増やしており、今後もますます人気は高まることが予想されます。

「バリスタ」と聞くと多くの人は「コーヒーを淹れる人」と考えてしまうでしょう。勿論それは決して間違っているわけではありません。コーヒーに関して深い知識を有し、素敵な時間と上質な一杯を提供するのがバリスタの仕事です。しかし、それだけではプロフェッショナルなバリスタとは言えないのも事実です。接客に関しても質の高さが求められるのです。バリスタはカフェやレストラン、バールで働きながら接客していますが、本来はバール(BARのイタリア語)で働く人を指して使用されていた言葉です。コーヒーだけでなく、お酒に関しても繊細で細やかな知識を持ち、最高で有意義な時間を提供するのがバリスタの在り方とも言えるのです。そんなバリスタという職業が注目されており、近年では資格や学校まで登場しています。バリスタには本来資格という概念はありませんでした。実際に認識が広がる現在でも、バリスタに関する国家資格はありません。ですが、学校に通うことで知識と技術を学び、バールやカフェで修行することで徐々にプロとしての実力を身に付けていきます。資格はそんな自分の腕を客観的に判断し、技術向上を目指す指針ともなるのです。コーヒーマイスターやJBAバリスタライセンスが国内に現存している資格です。これらは就職の際にも自分をアピールすることができる強い武器にもなるでしょう。

甘い宝石を作る手

教育

近年では様々なスイーツが世間を賑わしています。そんな煽りを受け、パティシエを志す若者も多くなっています。専門学校は全国に多く、海外に留学制度を設けた学校も登場しています。